学生時代頑張ったことで旅行経験をアピール!例文と組み立て方

yukiyuki

「旅行の経験ってガクチカで使っていいの?」
「もし旅行の経験をアピールしたい場合ってどう組み立てればいいの?」


こんな不安、疑問にお答えします。

今回は、学生時代頑張ったこと(以下ガクチカとも呼ぶ)×旅行経験の組み立て方法について書いていきたいと思います。
就活を始めるとエントリーシート(ES)や面接で必ず聞かれるのが学生時代頑張ったことです。
しかし旅行経験は伝え方を間違えると全く面接官に伝わらないガクチカになってしまいます。

そこで今回は、企業が学生時代頑張ったことに対して求めることから、インターン経験が選考官に伝わる文章の組み立て方をご紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

学生時代頑張ったことで旅行経験をアピール!例文と組み立て方

旅行経験をアピールしていく前に、まずは企業が何を考えているのかを知ることがとても大切です。
実際にESや面接の合否を決めるのは企業だからです。
企業が何を考えているのかを知ることでより効果的なガクチカを作れるようになります。

企業はなぜガクチカを聞くのか?

企業はあなたになぜ学生時代頑張ったことをわざわざ質問するのでしょうか?
それは、企業はあなたが仕事ができそうか?を学生時代頑張ったことを通して測っているからです。
企業はもちろん採用活動の一環で、ESや面接で質問をしてきます。そのため、より仕事で成果を出してくれる人を採用したい、と思っていますが、中途採用と違って新卒採用はそれを測る指標が極端に少ないのです。
例えば中途採用では、

マーケティングでSEOをやられていたとのことですが、具体的にどのような戦略や体制でやられていたのですか?その際の事業の課題も含めて教えてください。

という質問が出来るのですが、新卒採用でそれを聞かれたら「???」ですよね!
そのため、企業はどのくらい仕事ができそうか?の質問を学生向けに「学生時代頑張ったこと」に変換をするのです。

旅行経験で魅力的なガクチカを組み立てるには行動力とビジョンを語れ

企業は学生時代頑張ったことを通してあなたの力を測っていることはわかりましたが、ではどのようにしたら旅行経験をうまく伝えられるのでしょうか。
結論としては、旅行を通してあなたがした行動量と、旅行を通して感じた今後のビジョンを語りましょう。
理由は、旅行経験は仕事と結びつけてアピールすることがかなり難しい領域だからです。
アピールするからには、行動量や、旅行を通じて強烈に何かを感じたなど人並み以上に突出した何かがないと面接官には伝わりづらい項目です。
そのため、
「他の人と比べて、数字や客観的な何かで突出したものはあるか?」
「自分の人生に旅行がどう影響したのか?」
この2つのどちらかを明確に語れる場合は積極的に旅行経験をアピールしていきましょう。
では、それを踏まえてどのように経験を伝えていくべきか、フレームワークを紹介したいと思います。

ガクチカ攻略のフレームワークと絶対的なポイント

学生時代頑張ったことを考える上でどのような順番で組み立てていけば良いのかわからない、という声をよく聞くため、基本的なフレームワークをご紹介します。
少し覚えにくいですが、5つのステップを踏むことでとても魅力的なPR文ができるようになります。
結論(RESOLVE)
状況と課題(TASK)
思考と行動(ACTION)
結果(RESULT)
ビジョン(VISION)

フレームワークを抑えながら伝える順番を意識したら、要素として取り入れるととても効果がある要素を2つご紹介します。
客観的事実を混ぜる
「なぜ」を追求する

客観的事実とは、大会で1位を取った、等のわかりやすいものから同期10人からありがとうを言われた、のような”他の人からのような評価をもらったか”です。これを入れることであなたのPRの説得力が増します。
また、「なぜ」を入れることで同じく説得力を向上させることができます。
なぜとは、「なぜ部活に入ったか」「なぜ続けられたか」「なぜその部活が好きなのか」のように掘り下げて考えていくことがきます。なぜの深さを深めていくことであなたがどんな人なのか、を選考官に効率的に伝える事ができます。
ぜひこの2点のポイントも取り入れてみてください。

ガクチカ×旅行経験の例文

私が学生時代に力を入れたことは旅行です。
大学1年時に新しいことに触れる興味から旅行に行くようになりました。
旅行に行くための資金は塾講師のアルバイトで稼ぎ、2年間で計400万円を捻出しました。
学業との両立が一番難しいことでしたが、バイトを入れる日、勉強をする日を分断しその場のことに集中できる環境を作りました。
旅行に対する想いがどの程度だったのかのエピソードを入れましょう。
また、自分が没頭していたこと以外にも勉強などやるべきことはやっていたことも好印象に繋がります。

大学3年時には47都道府県全てを回りきることができましたが、1番嬉しかったことは、旅行の中で約1000人の方と出会い、様々な知識を頂き、キャリアの考え方や大学での勉強などにとても参考になっていることです。
旅行に行ったことであなたの人生や考え方にどのように影響を与えたのか、行動量等を客観的な指標を交えて伝えていきましょう。

私は人の繋がりは人生を加速させると思っています。
人との関わりを大切にして、自分がつながるプラットフォームになり、仕事で成果を出していきたいと考えております。
必ずビジョンをつけるように。旅行をきっかけにした得たことを今後どのように使っていきたいのかをしっかり発言しましょう。

面接官の本音

旅行は、学生にとって良い経験だとしても、面接官に仕事に繋がるかを想起させることが難しい分野です。
そのため、旅行を通して自分の勉強などに生きた、のように他への波及効果を発言できると良いでしょう。
旅行へ行ってとても楽しかった、ではただの感想文になってしまうため必ず面接官を納得させられる内容を盛り込むようにしましょう。

終わりに

今回は旅行に関してのガクチカのアピール方法を紹介していきました。
成果を表しにくい分野ですが、是非自分なりに納得できるまで準備して選考に望んでください!