会社でなぜ評価されない?理由と対策を把握して効率的に評価される方法

会社で評価されるためには、一番重要なのが、「評価されない理由」を把握することです。
なぜ評価されていないのかを把握しないと、対処もできないですし、効率的に評価をあげていくこともできなくなります。
そのため、評価をされないな、と思ったときは、
その理由の把握→評価される方法を考える→対策をする
といった手順で行動していくようにしましょう。

スポンサードサーチ

評価されない理由

評価されない理由を把握するときは、

把握するべきポイント

・方向、認識の一致
・成果量の定義
・マインドセット


この3点を確認することが大切です。
逆にこの3点が満たされていれば、不本意な評価ダウンは避けられるでしょう。

会社の方針と違う結果を追っている

評価は必ず、何かしらの”結果”に対して行われます。
なぜなら、一般的な会社では、ビジネスで得られた利益をもとに給与を支払うからです。
そのため、貢献度合いを何かしらの”結果”から判断します。
しかし、あなたが認識している”結果”と上司や会社が重要と思っている”結果”が乖離していると、評価されることは難しいでしょう。
例えば、上司の目標が”売上”だとすると、”商談の数”を必死になってアピールしても上司を説得しきることは難しいでしょう。
なぜなら、会社や上司の方針は、”売上”であって”商談”ではないからです。

もし評価してほしい場合は、商談の数が”明確に売上とつながっていること”をアピールする必要があるでしょう。
それが認められれば、一定の評価を得られるでしょう。
また、上司が何を追っているかがわからない場合は、聞いてみましょう。関係的に難しい場合は、更に上の役職者や、周りの社歴が長い人に聞いてみると良いでしょう。
正しく会社の方針を把握することが最重要となります。

印象で評価は上下する

数値も大切ですが、多くの企業では評価は上司が行います。上司が人間である限り、どうしても感情が入った評価になります。
そのため、あなたの普段の行動、言動、雰囲気に評価が左右されることもあるでしょう。
もちろんあなたのありのままを受け入れて評価をしてくれることもモチベーションには繋がる側面もありますが、
親しき仲にも礼儀ありという言葉もある通り、会社の人に対して、”印象を下げない”行動を日頃から心がける必要があるでしょう。

上司/同部署の人との関係性は重要

印象を下げないために重要な要素の一つが普段仕事をしている人との関係性です。
これはとても細かい普段の振る舞いから積み上げられていきます。

普段話すときは目を見ながら話しているか?
清潔な服装で過ごしているか?
takeだけではなく、giveができているか?

等、普段の行動の中で「相手が気持ちよくいられる」行動を心がけましょう。
こういった行動をすると、印象操作をしている感覚もあるかもしれませんが、マネジメントをしている僕の視点からいうと、悪い印象は持ちません。
むしろ頑張っているのをみてほしいんだな、という印象を持ちます。もちろんものすごくわざとらしい言動や行動はマイナスの印象になりますが、会社に貢献をしようとしている姿勢はほとんどの場合マイナスに働くことはないでしょう。

結果と評価量が正しく伝達されているか

あなたの頑張り度と、上司があなたを頑張ったと認める量は、一致していますか?
正しい評価をされた、と感じるためには、この2つが一致している必要があります。

例えば、営業で商談の数を目標としたときに、それは商談を”組めた数”なのか、商談を””実行した数””なのかでも認識が異なります。
この認識違いがあると、上司から評価されるときに、あなたの頑張りが正しく評価されない恐れがあります。
一つ一つの評価される指標について、少し面倒臭がられても、すり合わせを必ずするようにしましょう。
もし上司も曖昧でわからないときは、自分から「○○であっていますか?」とこまめに確認をしていくようにしましょう。

評価=客観的な結果を重視する

評価されないと感じている人の多くは、「自分が頑張ったこと」に対しての評価を求める傾向があります。
もちろん頑張ることも大切ですが、あくまで評価を敷かれた数字結果に対しての責任を持つようにしましょう。
もし業績の目標と行動の目標の2つがあるのであれば、大切なのは業績評価です。なぜなら業績が達成していることで会社にお金が入り、給与を支払うことができるからです。
プロセスを重視して評価を行っていく会社も多くあり、一定数は正しいですが、最終的には「結果」に対して評価を求めていきましょう。

評価されるための対策

仕事ができる”風”が大切

評価において、上司の主観/感情がどうしてもはいってしまうことを説明しましたが、
その状況では、日頃のあなたの”見え方”が重要な要素になってきます。

もちろん成果等の客観的な数値だけで評価される会社もありますが、人と仕事をやっていく上で、
見え方を良くすることは必ずプラスの効果があります。

外見

当たり前に思えてできていない部分が外見です。
外見では清潔感が大切です。清潔感がある人にマイナスなイメージを持つ人はいないからです。

出社するとき、リモートで働くときに映る姿は清潔感が保たれていますか?
たまに寝坊をして寝癖がついていたり、眠そうな顔になっていませんか?

外見は普段の生活リズム、モチベーション維持がベースとなって保たれます。
外見を常に整えるためには、普段の生活を規則正しく行い、その上で清潔感を保って業務に向かいましょう。

気遣い/言葉遣い

普段の言葉遣いや、他の人への言動や行動の気遣いはできていますか?
他人を蔑む言葉や、他人を追いやる行動は、その場では自分が気持ちよい等の効果はありますが
長期的にみると絶対に避けたほうが良いです。
仕事において、ほとんどの人は「やらなければいけないこと」には積極的に行いますが、「やったほうがいいけどやらなくても問題ないもの」についてはやらない人がほとんどです。しかし、実はこの「やったほうがいいけどやらなくても問題ないもの」ほど評価に繋がることがあります。
普段からの他人への気遣いは、いざあなたが困ったときに、助けてくれる人、手を差し伸べてくれる人を作ります。

成果の魅せ方

加えて、成果は同じでも、伝え方で大きく変わってしまいます。上司は一つ一つの評価が本当にどうなっているか?を細かく見切ることが難しい事があるからです。例えば50名の組織であれば、50名の評価項目を一つ一つ細かくチェックし、判断していくことを短期間の間にやることは不可能に近いからです。

そのため、自分がどこに対して成果を出し、それが会社にとってどのように良い影響が合ったのかを伝えられるようにしましょう。そのため、上司への成果のプレゼンテーションは学ぶ必要があるでしょう。

どうしても評価されないとき

ここまで、評価されない要因と、その対策について書いてきましたが、対策をいくらやっても会社の環境が悪い場合は、
評価されることが難しいこともあります。
特に大きな会社になればなるほど、仕組みが決まっているため、1人で何か変えられる確率は確実に低くなります。
その場合は、個人的には「環境変えること」もしくは「環境を作ること」をおすすめします。

副業で他環境からの評価を得る

1つめは、『副業』という選択肢です。副業をすることで、評価される場所を増やすことができます。
例えば、ブログやyoutube等が今は流行っていますが、これらは「閲覧回数」や「再生回数」によって「お金」が発生し、それが評価の対象になります。
副業の良い部分は、あなたのスキルが完全に客観的な結果として返ってくる部分です。
一方で、デメリットは、努力が仕事にプラスして必要ということです。
そのため、適切な評価が得られる分、言い訳ができないため、評価を求める人にとっては非常に良い選択肢だと思います。

もしアフィリエイトの仕組みを知らないという人は選択肢として実際に使ってみることもおすすめします。
まずは選択肢を知り、その上で自分がどんなものが合っているかを検討していけば良いと思います。

アフィリエイトサイト例(A8.net)


Youtube広告

転職で市場価値を知る

2つめは、今の会社を辞める『転職』という選択肢です。
転職の良い部分は、あなたの「市場価値」を明確に知ることができる点です。
一方で、転職活動が会社によってはマイナスとして捉えられてしまうこともしばしばあるので、
ある程度の覚悟を持って活動をすることが必要になります。
但し、今の時代転職は当たり前であり、必要なのは「会社にいかに残るか」よりも「キャリアをどう作っていくか」だと個人的には思っています。
自分の市場からの評価を明確にできることは今後のキャリアを考える上で非常に有益だと思います。
転職サイトに登録して、スカウトを受け取れるようにしていくのも、損はしないためやっておくことは重要でしょう。
転職サイトは、多少の違いはあれど、登録している企業に差はないため、使いやすいサイトに登録しておくのが良いです。

DODA

エン転職