学生時代頑張ったことで留学をアピール!例文と組み立て方

「留学は行ったけど、学生時代頑張ったことをうまくアピールできない。」
こんな不安、疑問にお答えします。
今回は、学生時代頑張ったこと(以下ガクチカとも呼ぶ)×留学経験の組み立て方法について書いていきたいと思います。
就活を始めるとエントリーシート(ES)や面接で必ず聞かれるのが学生時代頑張ったことです。
留学に行った経験をアピールしたい学生さんは多くいますが、うまくアピールできている人でいうととても少ないのが現状です。
そこで今回は、企業が学生時代頑張ったことに対して求めることから、留学の経験でしっかり選考官に伝わる文章の組み立て方をご紹介していきたいと思います。

スポンサードサーチ

企業はなぜガクチカを聞くのか?

企業はあなたになぜ学生時代頑張ったことをわざわざ質問するのでしょうか?
企業はもちろん採用活動の一環で、ESや面接で質問をしてきます。そのため、より仕事で成果を出してくれる人を採用したい、と思っていますが、中途採用と違って新卒採用はそれを測る指標が極端に少ないのです。
例えば中途採用では、

マーケティングでSEOをやられていたとのことですが、具体的にどのような戦略や体制でやられていたのですか?その際の事業の課題も含めて教えてください。

という質問が出来るのですが、新卒採用でそれを聞かれたら「???」ですよね!
そのため、企業はどのくらい仕事ができそうか?の質問を学生向けに「学生時代頑張ったこと」に変換をするのです。
つまり、企業はあなたが仕事ができそうか?を学生時代頑張ったことを通して測っている、ということですね。

留学はなぜしたのかが最重要

企業は学生時代頑張ったことを通してあなたの力を測っていることはわかりましたが、どのようにしたらゼミや研究室の経験をうまく伝えられるのでしょうか。
結論としては、留学はなぜ留学をしたいと思ったのかという部分にフォーカスしてアピールすることをおすすめします。
留学をする人は特殊ではなく、多くいます。そのため、伝え方を間違えると軽い感覚で行っている人も多くいます。そのため伝え方を間違えるとあなたが頑張った経験がうまく伝わらない可能性があります。

  • なぜ留学をしたかったのか?
  • 留学以外ではダメだったのか?

などを深掘りしてみると、うまくアピールポイントを作っていきましょう。
学校の単位などで必須として留学が必要だった場合は、留学に行ったことで得たこと、想定と違ってよかった部分、身についたことにフォーカスして組み立てるようにしましょう。
次はフレームワークをご紹介していきます。

ガクチカ攻略のフレームワークと絶対的なポイント

学生時代頑張ったことを考える上でどのような順番で組み立てていけば良いのかわからない、という声をよく聞くため、基本的フレームワークをご紹介します。
少し覚えにくいですが、5つのステップを踏むことでとても魅力的なPR文ができるようになります。
結論(RESOLVE)
状況と課題(TASK)
思考と行動(ACTION)
結果(RESULT)
ビジョン(VISION)

フレームワークを抑えながら伝える順番を意識したら、要素として取り入れるととても効果がある要素を2つご紹介します。
客観的事実を混ぜる
「なぜ」を追求する

客観的事実とは、大会で1位を取った、等のわかりやすいものから同期10人からありがとうを言われた、のような”他の人からのような評価をもらったか”です。これを入れることであなたのPRの説得力が増します。
また、「なぜ」を入れることで同じく説得力を向上させることができます。
なぜとは、「なぜ部活に入ったか」「なぜ続けられたか」「なぜその部活が好きなのか」のように掘り下げて考えていくことがきます。なぜの深さを深めていくことであなたがどんな人なのか、を選考官に効率的に伝える事ができます。
ぜひこの2点のポイントも取り入れてみてください。

ガクチカ×留学の経験

学生時代頑張ったことは、大学二年時に行ったアメリカへの半年の留学です。
留学は、大学入学時に学んだ英語をきっかけに、日本ではなく本場の英語がある環境で様々な勉強をしたいと思ったことがきっかけでした。
どこにどのくらい行ったのかとなぜ行ったのかを端的にまとめる。
特に経済学の授業では、毎週テストとレポート提出が求められる厳しい授業でした。
日本では予習復習をすれば問題ないものでも、それに加えて英語の勉強を強制的にしなければ授業についていけないという環境があり必死に取り組みました。
なれてきた頃、英語を翻訳していたノート、レポートが同級生の目に止まり、それをきっかけとしてコミュニティで日本語を教える機会をもらえ、英語で日本語を教えるという挑戦もすることができました。
課題を出す。留学先でも授業を受けているだけでした、とならないように、授業や学校で大変だった場合はプラスもう一つエピソードがあると良い。
半年間過ごしたことで、英語の力はもちろんのこと、言語が話せない環境でも人と心を通わせてコミュニケーションをとれることを実感し、成長することができました。
今後は、コミュニケーションというキーワードで、言語はもちろんのこと、人を心から動かせるマーケターになりたいと思っています。
結局何を学んだのか、を英語等言語を話せるようになった成果でも良いが、そうではないもっと本質的な学びを語れると尚良い。
ビジョンもしっかり付け加えることを忘れずにする。

面接官の本音

学生さんに会っていて良くある例は、「留学に行ったから何か優れている」と感じていることです。
上記でも触れましたが、留学へ行っただけでは評価はされません。
大学生の留学数は年間で10万人いて、就活生は40〜50万人程度と言われているためかなりの割合で留学に行っているのです。
そのため、現地に行ってただ授業を受けていた、等では面接官の興味は余り引くことはできないでしょう。
現地になぜ行きたかったのか、想像していたこととどのような違いがあってそれに対してあなたはどうアクションを起こしていったのかを明確にして文章を組み立てていきましょう。そうすれば魅力的なガクチカを作ることができるかと思います。

留学経験で魅力的なガクチカを!

さて、ここまで読んだら実際に少しでも良いので、考えて、書き出すという作業をやってみましょう。
ガクチカを作っていく上で様々な考え方がありますが、まずは作ってみて、周りの人にフィードバックを求めるなど行動あるのみ、です!