【テンプレだけでは受からない】本質的な自己PRの書き方

今回は

  • 自己PRをどう書けばいいのかわからない
  • 書くときに何から始めればいいのかわからない
  • こういった疑問に答えていきます。




    こんにちは!yukiです。
    僕は14卒として就活をしていましたが、見事に挫折。その後、我究館という絶対内定を出している就活塾みたいなところで就活のノウハウを学び、大学を休学してアフリカバックパック等の様々な経験をしました。その後就活をし、10社選考、7社内定という結果を得ることができました。
    就活は、もちろんノウハウだけではないけど、僕が早い段階で”就活の本質”みたいなものを学んでいたら違った道も選べたのかなと思い記事を書いています。
     

    yukiyuki

    就活って正解がないとか言われるから余計にわからなくなっちゃいますよね、、

    今回の記事内容

    • 本質的な自己PRの書き方とは?
    • テンプレの使い方

     
    日々就活生をみていると、何かしたいけど何をしたらいいのかわからない、どんな順番で取り組めばいいのかわからないという人が多い!また、自己PRのテンプレを使えばいい!のような本質的ではない切り取られた話が多いので、この記事ではどんな考えを持って自己PRに取り組めば良いか、を紹介していきたいと思います。

    スポンサードサーチ

    【テンプレだけでは受からない】本質的な自己PRの書き方

    本質的な自己PRの書き方とは、

    自己分析をしてから自己PRを書く

    僕はこれだけだと思います。内定を出すテクニックとして、テンプレを使えば問題ない、という事も言われますがこれは半分正解、半分不正解です。

    なぜ本質的な自己PRには自己分析が必須なのか

    実際、就活本等ではいわゆる自己PRのテンプレ(こんな順番で書けば自己PRはOKみたいな)を使うことで書類選考、一次面接、二次面接くらいまでは通過することができます。
    しかし、三次面接以降のマネージャー選考や役員選考に上がった時点で自己分析ができていないと急激に落選率が上がってしまいます。
    それは、初期段階の面接では、「受かる人」を決めるのではなく、「落とす人」を決める選考だからです。
     
    僕は就活を2回やったのですが、自己分析をあまりやらなかった1年目は30社受けて1社内定、自己分析をメインにやった2年目は10社受けて7社内定が出ました。
    自己分析をやらないと三次面接以降で急にお祈りメールが増えていきます。
     
    そのため、書類選考でも面接でも自己分析をしてから自己PRを考える、ということを絶対的にお勧めします。
     
    自己分析の方法はこちらにまとめていますので、よしやるぞ!と思った人は参考にしてみて下さい。

    本質的な自己分析のやり方【5STEPで完璧に!】 | yukilog

    この記事を読めば、納得する自己分析ができ、この先の自己PR作成や、選考対策に向けて大きく前進することができます。長い構成になっているのですが、自己分析のゴール設定や、目的、手順が曖昧だったり、ふわっとしているものが多かったので、本当に使えるものを作りました。

    yukilog.tokyo

     

    「落とす人を決める選考」と「受かる人を決める選考」の違い

    就活の王道選考手順としては、

    説明会

    一次選考(グループ選考が多い)

    二次選考(個別面接・現場社員が担当)

    三次選考(個別面接・マネージャー・役員が担当)
     ↓
    最終選考(社長面接)

    みたいな形なのですが、一次選考と二次選考では現場社員が合否を決めるため、
    「この人は良さそう、マネージャー面接で本当に良いか判断してもらおう」という心理で選考を行っています。
    同時に、
    「この学生は良さそうだけど、なんとも判断つかないな」→とりあえず合格
    「この学生は合格は難しそうだな」→不合格
    というように”わからない、判断がつかないから合格”があり得るのです。
     
    一方で、マネージャー・役員選考以降では、
    ある程度”良いな”と思っている人の中で、「実際に内定を出す人」を決めていく、という全く別の視点で見られることになります。
     

    テンプレを使いこなす方法

    自己分析が大切、ということはわかったかと思いますが、やはりテンプレも同時に大事です。
    自己PRのテンプレは、いわば武器の使い方みたいなものです。
     

    yukiyuki

    小学校で作文を書くときに「起承転結」って習いましたよね。これも代表的なテンプレです。


    自己分析をしてとっておきのアピールポイントを発見しても、伝える順番が整理されてないと全然伝わらない自己PRになってしまうでしょう。テンプレがあることで最大限あなたのアピールポイントを生かすことができます。
    世の中にたくさんのテンプレがあるのは、伝える上で便利だからなんです。
    だから、「テンプレ、だめ」ではなく使えるものはどんどん使っていきましょう。
     
    テンプレはこちらの記事を参考にして下さい。

    【自己PR】型を覚えて効率的な書き方で抜群のアピールをしよう!

    この記事は、自己PRがうまくできないなと思っている人に向けて書いております。 ・自分の力でうまい自己PRを書きたい ・自己PRをうまく書く方法を知りたい ・自分でやりたいが、効率的に就活を進めたい このような思いを持っている方にむけて自己PRはどのような順序でアピールしていけば良いのか?を型を用いて解説していきます。

    yukilogo.tokyo

    しかし、実行の順番を間違えてはダメ!

    ここまでくるとテンプレを使って書きたい!と大多数の人がなってしまうのですが、あなたが本当に行きたいと思う会社に内定をもらうためには、自己分析→自己PR作成という順番だけは変えないようにしましょう。
    先程も書いたように、自己分析をした状態で選考に望まなければ最終面接前に落選してしまう確率が非常に高くなります。 

    自己分析は1日30分だけでも良い。

    では自己分析はどのくらいやれば良いの?と思う人もいるかもしれませんが、
    毎日30分だけでも続けることで十分に効果は出てくると思います。
    一番良くないのは、自己分析が大切、とハードルが上がってなかなか手がつけられない状態です。
    例えば適性検査が付いているサービスに登録して、楽しんでできる状況を自分で作り出す、でもOKです。
    まずは0→1の行動をしてみることが納得がいく就活をするのに必要な要素かもしれないです。 
     
    自己分析がまだできていない…という人はこちら。本質的な自己分析の5ステップ

    今回は以上になります。
    記事を読んでくれた人は何かしらのアクションを起こして一歩踏み出してみましょう!納得できる就活を実践してみてください。